敏感・繊細な子

敏感・繊細な子

朝の登校その後と、学校公開で見る授業態度などのまとめ

4月5月はとにかく朝の登校で涙・涙に明け暮れていました。というのは大げさかもしれないけれど、実際、毎朝の息子の心の中は曇りのち雨状態。 まだ朝の時間を自分のものに出来ていなくて、一日の見通しを立てられず、心に余裕もなくて校門で...
事例/気持ち/対処法

朝の登校、一人で門をくぐれず泣き出す息子の心理

早いもので入学して間もなく1か月。4月も終わりGW10連休に突入です。 はじめの1週間ほどは、新一年生と一緒に親も校門まで登校している姿がちらほらありました。でも翌週からはほとんどの子が一人、または友達や兄弟、上級生と一緒に登...
事例/気持ち/対処法

小学校生活スタート!敏感・繊細な息子の1週間

無事に入学式を終えて、今週から小学校生活がスタートしました。新しい環境が特に苦手な息子はどんな一週間を送っていたのでしょうか。ドキドキで気持ちの浮き沈みも多かった今週の様子をまとめておきたいと思います。 入学式前から始まった学童保...
事例/気持ち/対処法

敏感・繊細な息子が「日常の中で怖い!」と感じるもののまとめ

2歳頃から、日常の中の何か対して「違和感、恐怖心」を訴えるようになりました。誰もが怖がるような大きな刺激はもちろんですが、「え?これ?」と思うような些細なものに対しても異様な怖がりを示すことが多々あります。 今回は、そんな日常の中で目...
事例/気持ち/対処法

保育園の卒園式を振り返る

先日、無事に息子の卒園式を終えました。保育園児は卒園式を終えて、まだ月末まで通常通り登園しますが、やはり一つの区切りがついたという思いでいっぱいです。 前回、卒園式を間近に控えた様子を掲載しましたが、実際に卒園式終えた感想を、息子の様...
敏感・繊細な子

4月からの小学校生活に向けて、「敏感・繊細な子」のための環境作り

4月から小学校に入学する息子。本人の気持ち的には、小学校での新しい生活を楽しみにしていて、放課後や長期の休みも学童へ通うことに特別違和感を覚えることなく受け入れています。 それでも新しい環境というのは、大人でも大なり小なり「期...
事例/気持ち/対処法

敏感・繊細な息子、保育園卒園を間近に控えて思うこと

春は別れと新しい出会いのシーズン。大人になった今でも、桜の花のつぼみが膨らんでくるこの時期は、何かしらの感情にサワサワと心が波立つ気がします。 今回は、そんな春の空気を肌で感じ取り、同じように心が不安定になりやすい敏感で繊細な...
事例/気持ち/対処法

プレッシャーに弱く「がんばったらご褒美!」が苦手な子の気持ちを読み解く

プレッシャーに弱い人。大人にも子供にも多数いますよね。しかしそこで「がんばったら~をもらえる!」と約束された途端に実力以上の力を発揮してしまう強者も中にはいます。 ここぞ!という場面では、それを目標に掲げがんばる意欲を...
敏感・繊細な子

「HSC」という名前ではなく、概念を広めたい理由

「HSC」は病気ではない、でも周りとの「違い」はある 私が「HSC」を知った当時よりも、最近は「HSC」という概念について目にする機会が増えてきました。もちろん、自分が意識して目にしている部分も大きいかとは思いますが。 「HSC...
事例/気持ち/対処法

何でも食べた離乳食期を経て、味覚、食感の好き嫌いが増えた幼児期

離乳食をはじめた頃は、月齢に合ったものを広く浅く試してみると比較的スムーズに何でも食べてくれました。米、パン、うどん、野菜、肉、魚、果物、納豆、食べられるものが増えていき、常識的な食べ物であれば好き嫌いはなかったように思いま...
スポンサーリンク