祝・7歳!成長記録と親の反省と決意

今日で息子7歳になります。7歳って、6歳とは違うなあ、完全に小学生だもんな(笑)そんな息子の成長記録と親の反省、決意など覚書です。

7歳の成長記録

50.2センチ、3290グラムで生まれた息子も、今では124センチ、22キロになりました。もちろん手も足も成長しています。

毎年恒例の手足型、今年は息子と共同作品です。足が大きいなあと思っても、まあまだ私よりも小さい20センチですがね(笑)

得意なもの

記憶力はかなり良いです。数字や記号、固有名詞は本当に得意分野。入学して1週間ほどで50名強の1年生のフルネームを網羅してきました。あんなに毎朝泣きに泣いて、まだ新しい環境で緊張していたはずなのに、どこで情報を仕入れてくるのやら(笑)

他にも席順や靴箱の配置も覚えるの好きですね。保育園時代から、自分のクラス以外にも使用する教室すべてのロッカーの配置やマーク、名前を覚えてきては家で発表していました。

私が完全にお手上げなのが電車の型式。私だって結構詳しいんですよ!新幹線はほぼ完ぺき、JRも私鉄も、

これは総武線E231系!これは東部の50050系!

のように言えるんです。でも息子は 、

25形の客車でさ、オハネフがあるんだけど、オハネやオロネ、カニもほしいんだよね。あとさ、北斗星は上野青森間はEF81、青森函館間がED79、函館札幌間がDD51重連だよ、重連!これもほしいねえ。

って感じです。まるでわからなくもないのですが、ピン!と形が浮かばない。とにかく分厚いNゲージのカタログが愛読書ですから敵いません。しまいには

ママ、覚えられないの?ちゃんと毎回教えてあげるから大丈夫だよ

となぐさめられる始末(笑)優しいなあ。私にはこういった優しさが足りないな…とドキッとさせられたりします。

苦手なもの

宿題嫌いですねえ。とにかく宿題にかける時間が苦痛のようです。文字を読んだり覚えたり、漢字も大好き、計算も得意で好きなのに、宿題の問題文をすべて飛ばして読んで「何言ってんのかわかんない!」と一言。テストは良い点取れないタイプでしょうかね。

あとは、相変わらず怖いものがたくさん。

先日も「大きな古時計」の歌がかかると、飛んできて抱きつき耳をふさいでいました。それでも少しずつ少しずつ慣れてきているものもあります。これは焦らず気長に様子を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

1年生後半の課題

「敏感・繊細」な気質に関しては、今のままのペースで焦らず様子見で良いと思っています。それよりも、課題に挙げたいのは

  • あいさつと返事
  • 食事、授業中の姿勢

まずはこれですね!授業中、絶対に手を挙げないとか、食事で好き嫌いがあるとか、学校的には良くないかもしれませんが、私的にはまだそんなことは後回しで良いです。

しかし、心を許した仲間(や大人)以外に対する朝のあいさつ、最低限の言葉のやりとりはしましょうよ。そして、姿勢のメリハリをつけること。

色々難しいこともあるのですが、このふたつはしっかり課題として息子と共に向き合いたいと思います。

親の反省と課題

この前、毎日のように繰り返す息子との諍いの中でふと思い出しました。2年ほど前に自分で「4歳過ぎた頃から毎日何かしら怒ったり注意したりしているなあ」と思っていたことを。

待てよ、それからも毎日同じ繰り返し。そして7歳になる、ってことは3年もの間、何かしら毎日バトルを繰り広げていたのか?この子が生まれて半分近い年月もの間??

げっそりしましたね。もちろん自分にです。

数年前ならば、笑顔を向けた、自分でおもちゃをつかめた、手づかみでご飯を食べた、つかまり立ちをした、自分の足で立てた、階段を一段登れた、そんな小さな成長ひとつひとつを、満面の笑顔で見守られ、拍手を送られ、抱きしめられていた息子。

それがほんの1-2年で、出来て当たり前となり「自分でしまって!」「ご飯を手でつかまない!」「ちゃんと立って!」「しっかり歩いて!」と言われることも多々あり。

更には、新しいことを発見して「見てみてみてー!」と呼んでも「ちょっと待って、今ご飯作ってるんだけど」なんて言われたり、いろんな話を笑顔で振っても「それより部屋を片付けてよ」なんて言われたり。

ああ、今こうして書き出しただけで涙が出てきそうになりますね(苦笑)この子のこんな毎日の成長を素直に受け止めて向き合っていない自分が情けないやら、もったいないやら、何より息子に対して申し訳ないやら。

でもね、子育てをしているお母さんは、きっと多少なりとも似たような想いを持っているのではないかな、なんて思います。私だけじゃないですよね?そう思いたい(笑)

しかし。こんなに思っても、きっと明日の朝息子と向き合えば、また同じことを繰り返すかもしれません。でも、誕生日を一つの節目として、7年間でこんなにも成長したわが子を抱きしめて日頃の感謝の気持ちを伝えたいと思います。

そして私も負けずに成長するために、今日のこの記事を常に心に留めて、息子7歳、私も母になり7歳の1年を楽しく笑顔の多い日々で満たされるようにしたいと思っています。

 

7歳おめでとう!

生まれてきてくれてありがとう!!

 

以上、7歳の成長記録と親としての反省、決意のお話しでした。

コメント