食べ物にかけるソース類が苦手、その他諸々の苦手なもの

色々なところで敏感な気質を見せる息子ですが、今回は食べ物に関しての現在の様子を記します。

とにかくソース類が苦手

ソース、ケチャップ、マヨネーズ、醤油、ドレッシング、あとは何だ?とにかく食べ物にかけるものが苦手です。

これ「味」ではなくて「見た目」が苦手なんですね。

たこ焼き、お好み焼き、ハンバーグ、ちゃんと食べます。生姜焼きとか焼き肉も、タレをしっかり絡めてあれば食べますし、マヨネーズを入れるポテトサラダなんて大好物。

でも、それに混ざることなく「くっきり」とした色合いでかかるソース類が苦手みたいです。

お皿にあると

これやだー!!早く拭いてー!!

となります。しっかり混ぜてあったり、ムラなく塗ってあれば食べられる。やっぱり見た目の拒否反応なんですかね。

パスタ類は、ミートソースは食べない、ナポリタンや和風パスタは食べる。大好きなポテトも、ケチャップなんてついていたら必死に拭いています(というか、拭いて!と渡してきます)。

アイスもチョコも大好きですが、アイスにチョコソースがかかると怪訝な顔をしています。トーストにジャムをちょん!とのせると躊躇い、まんべんなんく塗ればパクパク食べます。

「たこ焼きは何も塗らないやつがいい、ハンバーグは焼いただけのがいい、とんかつ、コロッケ、餃子は大好きだよ、でも何もつけないでね!」

息子、こんな感じですね(笑)

手についた色々なものが苦手

その見た目が苦手なソース類が手についたりしたらどうなるのか?

もちろん、

ぎゃーっ!早く拭きたい!ティッシュ取ってー!ひぃぃぃ!

と大騒ぎ(笑)そんなに?ってくらいです。

手が汚れるのがイヤなのもありますが、砂遊びでの汚れはお構いなし。

元々手が荒れやすいし「ひょうそ」にもなりやすいので、親的には砂遊びこそ気をつけてほしいのですが、これは子供らしく素手でガリガリ掘ったりしています。手も服も頭も、泥だらけでも大して気にせずご機嫌。

しかし、絵の具や粘土、不意をついた汚れや、タップリ出したハンドソープ、または保湿クリーム、食べ物がちょん!とついた汚れなどは、笑いながらも顔がひきって、とにかく早く洗い流そうと必死ですね。

その他、ゾワゾワするもの

たこ焼きを作る時に、お皿に並んだタコのぶつ切りの丸い吸盤を見て

ひーっ!それやだ!あっち向けて!やだやだ、まだ見えてるよっ!

かなり顔が引きつっていました。

いくら、すじこ、数の子、小ネギの並んだ切り口、バナナのシュガースポット、焼いた魚の目、プツプツ、集合体、色々怖がります。

他には、何か重いものを持った時に腕についた跡、変な所に座っていて足についた跡に絶叫です。

ぎゃー!こういう跡大嫌い!怖い!やだーっ!消えろ消えろ!

必死でこすったり叩いたり伸ばしたりしています。下手したら半泣き状態ですね。

私の腕に荷物の跡がついた時も、

ママ、お買い物であまり重い荷物持たなくて良いよ(=変な跡がついて不気味だから)

と言っていました(笑)

怖い!と言うけれど「生理的に受け付けない」と言うのが正しいようです。

 

他にも挙げたらきりがないくらいありますが、こんなにも様々なものに反応しながら、それでも毎日元気に好奇心旺盛に遊んで笑って過ごしている息子。

感じ取るものがたくさんあるって、精神的にも疲れるだろうなあ。同じ場にいて同じ時間を過ごしていても、私の数倍もの情報を受け取っているように感じます。いや、私が鈍感な分、数倍じゃすまないかも(笑)

「そうだ、こういうの苦手なんだよね!」と理解を示しつつも、私が先回りしてすべてを排除することなく、息子なりの回避能力、または免疫を身に着けて行けるように、のんびり見守って行きたいなと思います。

コメント